みんな笑顔の幼児園(幼稚園型)


by pc1kodomosono
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:研修( 35 )

行列のできる講座

 日曜日、NPOのための講座に参加しました。
「NPOのための行列のできる講座とチラシの作り方」 今回、久々にスカッとした思いになりました。

人が来ない企画を、分析しないでやり続けてはダメ。人が集まらないことの言い訳に無駄な労力を使うな。
まずは企画ありき
 1、ターゲット(対象者)を絞る。
 2、対象者の心に響く、ゴールの見えるタイトルづけ
 3、担当者の努力と熱意、あきらめない。

チラシを作ってみたくなしました。056.gif
by pc1kodomosono | 2011-11-01 02:06 | 研修
 北陸電力グループHGC建築設計事務所 主催の「幼保一元化を見据えた経営改革」経営セミナーに参加しました。
 
 こどものそのの“ファン”を創る

 こどものそのファンいっぱいいます。そして、私たちの考えは間違いではなかった。と確信しました。よし、これからもがんばろうと、パワーをもらいました。

 講師 株式会社 船井総合研究所 経営コンサルタント主任 大嶽 広展(おおたけ ひろのぶ)氏
  ・目的はあくまで“ファン創り”
  ・園児募集のためではなく、良い経営が出来る環境を作る=ファンだけで構成された園は本当に楽しそう
  ・基本は中から外へ
  ・口コミと評判が最も効率的な広報媒体・・・・

 よーし、すばらしい こどものその を創ろう。



 
by pc1kodomosono | 2011-02-24 22:57 | 研修

プロボノ

2月富山プロボノカフェに柳参加
 以前に「親と子のふれあいベビー広場」でおこなった、「ママのためのリフレッシュ講座」にきてくださった講師のみなさんもプロボノだったのですね。
 また、やりたいね。と何度も話にあがっている「ママのためのリフレッシュ講座」もなかなk実現できないのですが、プロボノカフェで知り合えた方々の力を借りれば、またできるかもしれないな。と思いました。
 地域貢献を考えている方々もいろいろいらっしゃるのです。すばらしい、スキルをお持ちの方々もたくさんいらっしゃいます。001.gif
by pc1kodomosono | 2011-02-11 23:48 | 研修
 富山国際大学 エクステンション・プログラムを受講しました。柳です。
講師は富山国際大学子ども育成学部 彼谷 環先生。
 日本が「子ども権利条約」を批准した20年前に、林 三雄先生が「園のたより」にこのことにふれておられたのを思い出します。
 子どもたちの大切な権利、子どもたちというより、人間としての人権が子どもたちにあることを全ての人間が認識するのは当たり前ではないかと思います。
 今回、「こどものその」のことを紹介してくださり、私に発言の機会を与えてくださいました。こどものそのでは、どのように子どもたちの権利を考え、実践しているかということを少し話しました。子どもたちが、いかに自分たちでやっているか、そのように生活しているか。朝の会のリーダーの進行に始まり、あらゆるところで、子どもたち自身で生活しているか、いつもながら、話しているうちに、「こどものその」は、まだまだ知識の少ない、考えが整理できていない、自分の頭で思ってしまいました。
 「こどものその」のすばらしいところは、自然の生活の中で、子ども自身の自治があり、子ども自身が自信をもって生活していけることだと思います。それが可能な、環境、お父さん、お母さんたちの子育てに対する考え方だと思います。
 やっぱり、子育ては、「こどものその」ですね。049.gif
by pc1kodomosono | 2011-02-05 23:45 | 研修
 2010年10月30日、31日 今日現在、東京・有楽町朝日ホールにて、開催されています。
f0121278_881756.jpg


30日だけ、参加してきました。
 アメリカより、デービッド・フィンケルホー氏(ニューハンプシャー大学社会部教授)の講演を聞き、「発達被害者学」というものを、少しかじってきました。
 「危険は発達に応じて変化する」・・・講演より
 一般的に、暴力のとらえ方が、子どもの視点によって、対応できていないことに気付きました。

 子どもへの暴力の一つの状態を、そのことだけではなく、そして、様々な事をバラバラに考えるのではなく、総合的に扱う。・・・そのことが日本も、まだまだこのように扱われていない。というお話など。

 これからも、学んでいきたいです。今日も聞きたかったけど、もう富山に帰りました。
by pc1kodomosono | 2010-10-31 08:02 | 研修

事例発表

 NPO設立講習会が、富山総合ボランティア支援センター主催で9月2日に開かれました。

 そこで、なんとNPO法人となって、5年目の「NPO法人親と教員の会こどものその」の事例発表をさせていただきました。およそ、5、6年前の設立のことを思い出しながらしゃべってきました。なぜ、NPO法人にしたのか、NPO法人となって、よかったこと、苦労したこと等を話したのですが、約20名の方々に、どれだけ伝わったか、少しでも役に立てたのか、ちょっと心配です。なんとか、お話したいことのメモは全部伝えたと思うのですが、ひとりよがりに、しゃべったところもあり、反省しています。
 NPO法人となり、会員の社会貢献意識が上がったこと、社会からの信用度のアップ等の良かったことが確認できて良かったと思っています。056.gif
by pc1kodomosono | 2010-09-07 03:15 | 研修
 主宰:「Panasonic NPOサポートファンド」組織基盤強化ワークショップ事務局
 共催:富山県民ボランティア総合支援センター
   NPO実務講座(第1回NPOマネジメント力向上講座)に参加しました。

 6月12日の講座では、自分の団体に則して考えることができました。
 事前の課題シート
 ・団体の目指すビジョン
 ・具体的な中間目標 (3年後に団体が達成したい目標)
 ・運営上の課題
 ・課題解決策

 等々を事前に提出しました。

  いつも、目先のことばかりが優先され、3年後、5年後のことを考える余裕が無いのですが、このような機会に考えられます。それを、持ち帰り、みんなと一緒に考える段階になかなか進まないなあと思いました。

  講座の中で、団体、活動の「課題」の考え方として、「解決するための方向性」。また、「問題点の原因を意識する」という言葉に私は、ヒントをいただいたように思いました。
  お金が無い。資金不足を問題点と考えがちなのですが、それでは、「お金があれば、本当に活動のビジョンが達成できるのか?」と言われると、「アレ!ちょっとちがうかもしれない」と思い、では、原因はなんだろう。と考え直す機会になりました。また、会員みんなで考えていかなければ。049.gif042.gif

 
 13日(日)には、サンフォルテフェスティバルの打ち合わせに参加してきました。展示のためのパネル作りに取りかからなければなりません。テーマ「みんなで子育て」です。
by pc1kodomosono | 2010-06-15 00:41 | 研修

助成金いろいろ

 富山県民ボランティア総合支援センターの「助成金説明会」に参加してきました。たくさんの資料があり、いろいろな助成金があるので、はっきりいって、私の頭では、どうにもなりません。じっくりと、何人かで、考えたいと思います。話しているうちに良い考えが浮かびそうです。チャンスを生かしていきたいですね。016.gif
by pc1kodomosono | 2010-03-27 22:25 | 研修

みんな笑顔の幼稚園

 「ショルダーコピー」という言葉を教えてもらいました。キャッチコピーではなく。自分たちの活動を「ひと言」で、ダラダラ長い話よりも、わかりやすい一言はよく伝わる。それで、以前から使っている今日のタイトルの「みんな笑顔の幼稚園」もショルダーコピーなのかなと思いました。
 NPOマネジメント研修 「NPOの情報発信力・広報力向上のポイント」 に参加しました。
講師:特定非営利活動法人 市民活動センター神戸 事務局長 実吉 威さん
富山県民ボランティア総合支援センター 主催

 ショルダーコピーみんなでまた考えてみたいなあと思いました。例「おくちの恋人ロッテ」

 講師の方に、「こどものその」のポスターやリーフレットをみていただきました。もちろん、よくできているとほめていただきまいた。だって、「こどものその」には、専属のデザイナーがたくさんいるんですもの。(?)かってに専属にしてはいけません。お金も、ぜんぜん払っていません。でも、みなさん、有能な方々がたくさんいらっしゃいます。ほんとうにありがたく、頼りになり、心強いです。
 ホームページのトップページも誉められましたよ。子どもたちの写真もいいよ。って。ホームページをよりよくする実行委員のみなさん、ありがとう。これからもよろしくお願いします。
by pc1kodomosono | 2009-12-20 13:02 | 研修
 高岡市 市民協働課の市民活動支援・協働推進講座実行委員会による講座に参加しました。
 NPO法人PCTOOL代表の能登貴史さんが講師でした。いつも、目先のことばかりで、どんどん過ぎさる日々に、ビジョンを達成するための活動、問題解決型からビジョン達成方への転換を行っていかなければならないと思いました。その方が楽しいですね。「協働は地域のビジョンを作り出す場」ということも、ワクワク感があります。
 そして、地域のネットワーク作りに動き出そうと思いました。他団体、NPO法人のことも知ることができてよかったです。
 ・小勢地区活性化協議会
   (ぐるっと・小勢地区バス)
 ・NPO法人えいぶる
   (知的障がい者を雇用することを前提とした事業・パン工房、高福レストラン、えきちかコロッケ)
 ・特定非営利活動法人JAM
   (障がいを持つ人がその人らしく豊に生きることを応援する等。自立訓練事業、障がい者・児の自立及び社会参加事業等) 
by pc1kodomosono | 2009-11-29 21:04 | 研修