みんな笑顔の幼児園(幼稚園型)


by pc1kodomosono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

本作り1歩踏み出す

 「こどものその」園長が、開園以来書いている「園だより」を本にまとめようという事業計画があります。30周年記念事業にできたらいいなと思っています。
 PCTOOLの能登さんにご紹介いただいた、一久堂の印刷屋さんに初の相談にのっていただきました。とてもお忙しいのに、気軽に私の話を聞いてくださり、そして、私はとても感激して帰ってきました。私は、ほんの少しお話しただけで、まるで、ずっと前から知り合いだったように感じました。「こどものその」のことをこんなにすぐ理解してくださった方は初めてだと思いました。
 「良い物を作りましょう」というお言葉に、たいへんな力が湧いてきて、ヨーシやるぞう!とウキウキした気持ちになりました。                            by YANAGI
by pc1kodomosono | 2007-03-31 20:16

春の香り




f0121278_19492052.jpg

 外に出ようと、「こどものその」の正面玄関の扉を開けると、いい香りがしてきます。なんだろうと見わたすと、沈丁花の花が満開で出迎えてくれているようです。
 子どもたちもきっと、春を感じてくれていると思います。
by pc1kodomosono | 2007-03-30 20:47

家庭訪問

 新入園児さんのお宅に、入園前に先生が遊びに行きます。「こどものその」では、入園後、スムーズに園に慣れてもらえるように、事前に先生と仲良くなってもらう目的で、家庭訪問を行っています。小、中学校のようなものではありません。
 いつも遊んでいるおもちゃで、慣れている自宅で、先生と遊び、入園を楽しみします。どこのお宅でも、みなさん歓迎してくださり、次から次とおもちゃをみせてくれて、部屋一杯におもちゃがならんでしまったり、いろいろなお話をしてくれて、そばにいるお母さんが苦笑い。ということもあります。とても楽しく、こちらが(先生)遊んでもらっている感じです。
 4月8日の入園式がとても楽しみです。                    by YANAGI
by pc1kodomosono | 2007-03-29 20:37

プレッツェル作り


f0121278_1716228.jpg

プレッツェルの作り方をれいちゃんのお母さんに教えていただき、おいしく食べました。ゴマ味、えび味、青のり味の3種類がありました。
by pc1kodomosono | 2007-03-28 17:16

春休み

3月21日から春休みに入っていますが、「こどものその」は、毎日にぎやかです。希望者の子どもたちが毎日遊んでいます。
 春休みも、お母さんたちと一緒に保育当番をしています。昨日は、当番のお母さんの企画で、ホットサンドを作って、おやつに食べました。ホットサンド作りの得意なしゅう君が、みんなに作り方を教えてくれました。
by pc1kodomosono | 2007-03-27 21:49

金魚も大丈夫

すごい地震、生まれて初めて、こんなに地面が揺れたのは。
今日は、こどものそのはお休みだったのですけれど、老朽化している園舎は大丈夫だったかな?と心配でした。そういえば、1階保育室の金魚は?水槽は倒れていないかな。高岡在住の職員にみてきてもらいました。
 金魚も、園舎も倒れていなかったとのこと。ひと安心です。でも、まだ余震がありますね。
by pc1kodomosono | 2007-03-25 21:27

会食パーティー




卒園式の前には、いろいろな行事があったのですが、去る3月8日お別れ会やってくれた年中児、年少児へのお礼に、年長児が会食パーティーを開きました。
 みんなで、メニューをあれこれ考え、昼食を作りました。チャーハンがいい、やきそばがいいいろいろな意見は出たのですが、結局みんなの得意なカレーを作ることになりました。カレーはカレーでも「ドラえもんカレー」です。(小学校給食のメニューをヒントに)ドラえもんの顔を作るのがなかなか難しいのです。
 頭・・カレー  目・・きゅうりの輪切り。 鼻・・ミニトマト 鼻の下・・のり  ひげ・・ソーセージ口・・にんじんの半月切り  首の鈴・・ハンバーグ
 食べるのがちょっともったいなかったけど、おいしかった。
f0121278_2175394.jpg

by pc1kodomosono | 2007-03-25 20:55
本日、4ヶ月にわたった広報戦略パワーアップセミナーが修了しました。
 「今日から始まりですよ」との講師能登さんの言葉に、ちょっと不安も感じてしまいました。
この講座では、たくさんのことを学びました。パソコン操作で、今までモヤモヤしていたことがからまった糸がほどけるようにすっきりしたこと。そして、自分たちの団体について、じっくり考えたり、整理したりできました。まだまだ、考えなければならないことも多いのですが、自分たちは、何をやらなければ成らないのか、何を考えなければならないのか、考える手段をいただいたように思います。ありがとうございました。
 その上、たくさんの方々と知り合えました。みなさん頑張っていらっしゃるんだなあと感じ、パワーをいただきました。みなさんのビィジョンは素晴らしかったです。ありがとうございました。
 講師の最後のお話で「広報とは、自分たちだけのためでなく、社会のニーズがある」と聞き、自分たちの活動が、意味のあること思い、自信が持てました。また、これからも意味のあることとしていかなければならないと、あらためて思いました。
 PCTOOLの皆様、同窓の皆様、本当にありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。
by pc1kodomosono | 2007-03-24 21:40

卒園式

毎日いそがくしくしているうちに、こどものそのでは卒園式が終わってしまいました。
3月18日(日)  第30回卒園式が行われました。14名の年長児が卒園しました。
もちろん子どもたち中心の式です。式次第もひらがなで、子どもたちがわかる言葉で書いてあります。かしこまった来賓の挨拶などありません。式の進行はお母さん(役員さん)、修了証書授与も「修了証書をいただきましょう」 卒園児の「お別れの言葉」は子どもたちで何を言いたいか、どんなふうに言いたいか、どの歌をうたいたいか。等々全て話し合って、作り上げていきます。自分たちの卒園式を自分たちで作り上げていくので、充実した卒園式です。
 卒園式の3,4日前から、風邪が流行り始め、欠席が増え始めました。当日大変心配したのですが、なんとか、全員出席で本当によかったです。でも、おくる側の年中児の出席はなんと1人でした。職員も応援して、送る歌をうたいました。
 元気で、なんでもチャレンジする1年生になってください。
by pc1kodomosono | 2007-03-22 21:45
今度は、兵庫県花と緑のまちづくり研究所の藤岡氏の講座を受講しています。

日本では園芸は趣味としての枠と考えられているが、
国際的には、生活要素の軸として考えられ
心を育む、情操教育になくてはならないものである・・・といいます。
アメリカの社会園芸学は、1930年創設。
肥満、虚弱体質、犯罪や非行などの問題解決に
子どもたちの教育に園芸を全面的に取り入れたとのこと。
自然には、心身の治癒能力があり、緑や花に囲まれているとストレスから開放される。
花だけを楽しむのではなく、野菜、果樹、動物に触れ、
土とミミズ、微生物との共生についても徹底した教育を行っている。
そうしたことから良い成果をあげているという。

立ち遅れている日本の社会園芸をこれから
地域の人、幼稚園や学校、NPO法人など多くの人が、行政と一緒になって
盛り上げていくことができればと考えます!     by kanemaru
by pc1kodomosono | 2007-03-01 08:27