みんな笑顔の幼児園(幼稚園型)


by pc1kodomosono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お花がいっぱい

 実は、まだまだお花がいっぱいなのです。
どこが?

 YANAGIのところです。

 心が春のようにあたたかくなりました。 みなさんありがとうございまいす。
NPO法人親と教員の会こどものその  とてもすばらしい園です。お父さん、お母さんたち一緒にみんなの幸せのためにやっていきましょう。

f0121278_1791661.jpg

by pc1kodomosono | 2010-12-23 17:10 | 運営 | Comments(0)
f0121278_2262074.jpg


 「NPO法人親と教員の会こどものその」の再出発というか、これからもがんばれと、こんなすてきなお花をいただきました。「NPO法人Nプロジェクトひと・みち・まち」の山下清子さんありがとうございます。高岡の地で、同じNPO法人として、いろいろご心配いただいています。一緒に考えていけることも多いかと思います。
自分たちは、これからどのように、進むべきか、しっかり考え、進んでいこうと思っています。現実はなかなかうまくいかないのですが。

 そして、このお花のアレンジメントしてくださったのが、「こどものその」卒園児のお母様です。第3回ぐらいの卒園です。山下さんがNプロの会員の中村さんに頼んでくださったそうです。とても嬉しく思います。

 今日で、2学期がおわりましたが、冬休み中も10人前後の子どもたちが登園します。また、来年からも頑張ります。
by pc1kodomosono | 2010-12-22 22:23 | 運営 | Comments(0)

プロボノフォーラム参加

「プロボノ」とは、ラテン語で「公共善のために」を意味する言葉pro bono publico に由来するとされる。従来のボランティアと違い、本業で培った知識や技能を活用するのが特徴です。もともとは、士業者などが無報酬で行う公益活動を意味する。

12月10日の午後7時~
 まちなかサロン「ポエシア・ブランカ」(富山市) 柳が参加してきました。
 あまり、聞きなれない言葉にひかれ、パネラーにあそあそ自然学校の谷口さん、とやま起業未来塾学士会、会長の久保さんが出ていらっしゃったので、どんな話だろうと参加しました。また、講師が、一度こどものそのにも来園された成川さん(北陸・富山の社会事業コンサルタント・中小企業診断士)でした。
 
 「プロボノ」もしかして、こどものそのもすでにしているのかな?と思ったり、ちょっとわからない部分も。
でも、NPOのあるべきすがたとしての話が聞けてよかったです。
 ・NPOとは、社会変革性の要素をもつべきもの。
 ・富山のNPOは自分たちの活動がいかに必要かの説明がへた。 等々
なるほどと思うことが聞けて、私たちの進むべき道をこれからも模索していくキーワードがありました。

 まちなかサロン「ポエシア・ブランカ」も一度行ってみたかったので、よかったです。素敵な居場所でした。
by pc1kodomosono | 2010-12-15 23:36 | 運営 | Comments(0)

県庁NPO屋台村

 12月1日は、NPOの日毎年、富山県庁内にて、NPO屋台村が開かれます。県職員の方々に知っていただくためのものですが、毎年関心が深まっていくように思います。
f0121278_08061.jpg
by pc1kodomosono | 2010-12-15 00:08 | 運営 | Comments(0)

ヤッタね!

 「こどものその」の生活発表会

 ほとんどの人が、体調を取り戻し、望みました。天候も、良いお天気で、暖かい師走でした。(あまり関係ありませんが)058.gif

楽器遊び、劇、ダンス、歌  いろいろなことを発表して、子どもたちは素晴らしいです。なんといっても、自分たちで作り上げていった発表なので、意欲を持って、取り組み、よく理解して、表現できたと思います。その表現をあたたかく観てくださった家族のみなさんも素晴らしいと思います。003.gif

これからの活動も、生活発表会を土台に、ますます発展していきそうです。

発表会後の後片付けもご家族みなさんの力で、あっという間に終わりました。魔法使いみたいです。ありがとうございました。060.gif
by pc1kodomosono | 2010-12-05 21:04 | 子どもたちの毎日 | Comments(2)