みんな笑顔の幼児園(幼稚園型)


by pc1kodomosono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

団結

 すごい!お父さんたち、お母さんたち。卒園式後の「おめでとう会」にて、子どもたちにも、そのすばらしさが伝わったのではないでしょうか。「こどものその」では、卒園式直後、親たちと先生たちが卒園児をお祝いするために「おめでとう会」を開催しています。
 
 1日前に、結成された「母たち仲良し隊」(かってに命名)。約30分の顔合わせ練習と、各個人練習24時間(予想)。子どもたちが、年中のときに披露した「少年少女冒険隊」の歌とダンスを手を上げる角度までそろえて、ばっちり決めてくれました。さすが母たち。016.gif070.gif
 

 そして、トリを勤めてくれたのは、父たち(親父バンド)。SMAPを超えた・・・オンリー1。全員、歌が上手い。ピアノも上手い。振り付けバッチリ。マイクの回し方がスムーズ。
 そして、客席(卒園児)へのアピール。ファンとの交流あり(客席に降りていって、握手)。感動でした。このようなゾクゾクしたステージは初めてでした。049.gif053.gif
 真夜中までの練習お疲れ様でした。総練習時間約90時間?(柳の計算によると・・・)006.gif
 

 子どもたちは、ポカ~ン状態のところもありましたが。必ず、伝わっています。また、最後の最後に、父たちから、わが子へのメッセージ。お父さんの目を見て、ちゃんと聞いていました。

 父母20名の内、18名が「こどものその」から旅立たれ、お祝い、感謝の中にも、寂しさが覆いかぶさってきます。「こどものその」これからもヤルゾー!生命量全開で!
 それぞれで、やっていきましょう。これからも生命力全開で!

 
by pc1kodomosono | 2011-03-21 15:21 | 運営

いいもんですね。

 今日1日で卒園式。年長児たちは、卒園式の準備をしながらも、楽しく、忙しい1日を過ごしました。
今日の昼食は、いつもとちょっとちがった風景がありました。ふたりのお父さんが、おにぎりを持って、昼食時に出現。今日は、年長児たちにとって、最後のお昼だったので、いっしょの時間を過ごしたいと、年長児の父のおふたりが、お仕事の合間に参加されたのです。「こどものその」では、いつでも、保育参加ができるのです。わが子だけでなく、たくさんの子どもたちと話をしながら、接しながら、楽しいひとときでした。
 お父さんが参加した子どもたちはとてもうれしそうなのは、いうまでもありませんが(もれなく、お母さんたちも参加でした)、周りの子どもたちも、特別な日という感じではなく、極自然に接し、うれしそうでした。それは、子どもたちも、お友達のお父さんのことを知っていおり、お父さんたちもみんなの子どもたちのことを知っているからでしょう。
 「こどものその」にとっては、なにげない風景なのですが、よく考えてみると、すごいことだなあと感じました。いつでも、どの時間でも、おいでください。大歓迎です。きっと、すてきな思い出になりましたね。

f0121278_23503854.jpg

by pc1kodomosono | 2011-03-18 23:51 | お父さんたち

NHKでたよ

 NHK富山の夕方の番組で、「マイビデオ」でました、でました、NPO法人。
先月に引き続き、2回目なので、「こどものその」の名前はやっぱりでませんでした。今回は、2月のゆきまつり。あの、感動がテレビを見ている人たちにも伝わればいいと思います。
 写真も、難しいけど、ビデオもなかなか難しいです。また、チャレンジしましょう。024.gif
by pc1kodomosono | 2011-03-10 20:44 | 運営
 3月企画会で、もうすぐ卒園のお母さんたちより、在園のお母さんたちへ送られた言葉がありました。

    053.gifこの園を選んでよかった。子どもだけでなく親も成長できました。
    お母さんどうしのつながりがもてて、とても良かった。子どものために選んだ園だったけれど、
    自分にとって、うれしい大きなおまけが付いてきたようです。
    出来ることを発信して、先生とも相談して、進んでいってほしい。
    毎年のみどりさんが変わることで、園のカラーも変わるけれど、それも「こどものその」だと思います。
    卒園したら、自分はどうなるのだろう、園に来ないことになるのが不思議です。  by A母
            「遊びに来てください!ぜひ!」来年度在園母達より

    053.gif卒園まであと少し、とても淋しいです。
    みなさんにいろいろと助けてもらい、親子共々楽しく過ごすことができました。とても感謝しています。
    この園で親というものを勉強し、子どもの成長の素晴らしさに感動させられ、子育ての楽しさを教えて
    もらいました。
    在園中に創始者の林先生が亡くなられ、とても悲しいことがありましたが、林先生の
       「子どもを産んだからには、責任をもって子育てをしなければならない。
        必死(死ぬ気)で子育てをするのではない。
        必生の思いで(生きようとする思いで)子育てをしなさい。
        家庭でできないことを園で求めてはだめ。
         親が先生で、先生たちは援助者だ」と。
    園と家庭の一体化もよくおっしゃっていました。
    幼稚園は先生に任せるところだと思っていた私は目からウロコでした。
    本当だ!子育てするのは親である私だ!ここは親たちで子育てができる素晴らしい所だと思いました。
    でも、なかなか先生のおっしゃる子育てには近づけず、たぶん、子育ては、子どもが大人になるまで
    勉強していくことでしょう。
    みなさんも子どもから「産んでくれてありがとう」と言われることを目指して、生命力全開で子育て、
    楽しんでいきましょう。                             by K母
by pc1kodomosono | 2011-03-08 22:04 | お母さんたち

親父さんたちありがとう

今月の企画会によせて、2月の「ゆきまつり」について、感想が届きました。

★ もちつき会後の親父ミーティングで,『みんなで遊ぼう』の企画を話し合っていた中で,一番人気の活動を実現出来,当日も沢山の親父達の参加があったことが,大変良かったと思います。

1部(雪上運動会)!雪上運動会担当のお父さん達の趣向を凝らしたゲーム&企画内容に子どもたちは大変楽しそうに遊んでくれたものと思います!こどものその!の園庭が雪のテーマパークに感じました。子どもたちの笑顔に おとな達も 楽しんでいただけたものと思います?

遊びの企画は色々考えていましたが シンプルな 遊びの方が こどもたちは 喜んでくれたのかな?
園庭横空き地借りれたのも非常によかった。  
f0121278_19123521.jpg  



そして,よく遊んだ後のおぜんざい最高でした!








2部 雪とうろうづくり&ライトアップ

この企画は 親父達としては想定外 園長のアイディアですが 巨大灯籠は 親父企画です


初の試みに色々心配しましたが 思った以上の完成度の高さに 感動しました
何より ライトアップは 本当に感動しました

巨大灯籠も バッチリ?

とっても綺麗でした 最後灯りを消すのが惜しいくらい ずっと灯し続けていたかったです

瑞龍寺のライトアップに負けてなかったですね
雪の中の蝋燭の灯りは 格別

f0121278_1914318.jpg

近所の片方も大変喜んでましたね

第一回目の 企画としては 大成功でしょう

最後に

この企画運営(一部ですが)は 父&母&先生と三位一体の事業が出来たと思います


もっと 大きい希望での三位一体になれば もっと もっと 素晴らしい 活動が出来るのでしょうね

全ては 『こどもたちの笑顔の為に』

そして,流そう 愛情という汗を!(親父たちへのメッセージ)         by N父
by pc1kodomosono | 2011-03-05 19:15 | お父さんたち

すてきな仲間

 富山県高岡市 ふれあい福祉センターで3月5日 活動紹介フェスタに参加します。

子どもたちも、お母さんたち、お父さんたちも、歌って、踊って、イェーイ!

 歌「すてきな仲間たち(こどものそのバージョン)」
 060.gifこどものそのにはいつも すてきな仲間がいっぱい
  たのしい仲間もいるよ いっしょにあそぼうね
    ダンス  絵本 劇遊び  野菜作り  お料理 チャレンジ
  みんな楽しい仲間 すてきな仲間 みんなが笑えば 今日も元気です 

    お父さんお母さんもいるよ いっしょに遊ぼうね
     幼稚園部門  子育て支援  親ふれ  親ふれベビー  うどん作り  生命力全開

  練習しています。016.gif
by pc1kodomosono | 2011-03-01 20:54 | 運営