みんな笑顔の幼児園(幼稚園型)


by pc1kodomosono
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

わぁ!きれい!

事務室(元、園長室)が、きれいになりました。壁紙張り替えをしてもらいました。

今年度の卒園記念品です。ありがとうございました。平成24年度のみどりさんたち、保護者の皆様。
きれいに明るくなりました。

f0121278_23311065.jpg

f0121278_23312453.jpg












大切にします。ありがとうございました。
by pc1kodomosono | 2012-10-29 23:35 | お父さんたち

ありがとう 星槎祭

第10回星槎祭に行ってきました。
f0121278_23222075.jpg



9月に星槎国際高等学校の福祉ゼミの方々に来ていただいて、けん玉、皿回し等を教えていただきました。

お兄さん、お姉さんたちいらっしゃいましたよ。
その他、お世話になった方々みなさんいらっしゃいました。
立少の岩城しゅんぺい先生(星槎でも先生をしていらっしゃいます。)
「お花で遊ぼう」でお世話になったうえるさん(石黒さん)
ワンポイントメイクの放生 順子さん
ワイヤーアートの川畑 まさ代さん
プロボノの成川さん

みなさん、その節はお世話になり、ありがとうございました。
by pc1kodomosono | 2012-10-27 23:43 | 運営
サンシップとやま会場

f0121278_2130883.jpg


いろいろな団体のお話を聞きました。

NPO法人ポプラさん。国立乗鞍青少年交流の家さん。とやまチャイルドライン愛ランドさん。とやまcocoro会さん。富山CAPさん。
by pc1kodomosono | 2012-10-26 22:41 | 運営

臨床美術を体験

卒園児のお母さんのわたなべさんにご指導を受けました。
f0121278_23152476.jpg

















春に、サツマイモの苗を植え、秋に掘り、自分たちでお料理をして食べています。そのサツマイモのにおい、味、感触、重量感等々を漢字で、色等で表現します。

いっしょに、ご指導にきてくださったまえださんは、上手、下手ではなく、右脳を働かせ、活性化して欲しい。とおっしゃっていました。

年長児、年中児、年少児の感じたサツマイモの絵はどれもすばらしかったです。

f0121278_23305028.jpg

by pc1kodomosono | 2012-10-24 23:26 | 子どもたちの毎日
体験ブースでかざぐるまをつくりました。

約60人の方が体験されました。好評でした。
会員のスタッフ6人で対応しました。

f0121278_23585468.jpg

by pc1kodomosono | 2012-10-20 23:59 | 運営

木を描いてみよう

園庭の築山の壁に、森を描こうと話し合った年長児

まずは自分の木を描いてみることにしました。土から木が育ち、森ができたらいいなあ。

f0121278_2242199.jpg

by pc1kodomosono | 2012-10-16 22:04 | 子どもたちの毎日

お運び

お茶を運びます。
左手に、お茶碗をのせ、右手をそえて運び、挨拶をします。

年長児のお茶のおけいこです。 

お菓子の取り方、お辞儀の仕方、ちょっとぎこちないけど、一生懸命しました。もう少し練習して、2月にお母さんたちにお茶をお運びできたらいいですね。





f0121278_23494479.jpg
by pc1kodomosono | 2012-10-15 23:50 | 子どもたちの毎日

森ができたらいいな

年長児は、園庭の築山の壁に絵を描こうとしています。

まずは、下書き。どんなふうになるのか、紙に描いて飾ってみました。

年長児で話し合って、みんなの大好きな木を描いて、森みたいになったあらいいなあ。と、決まりました。

f0121278_21512865.jpg


今度は、ペンキで挑戦です。
卒園まで、あと半年。卒園記念製作になったらいいなあ。
by pc1kodomosono | 2012-10-12 21:53 | 子どもたちの毎日

楽しかったあ

 みんなで、みんなを応援する運動会。
子どもたちは、自分の目標を自分で決めて、取り組む。

それに取り組んでいる子どもたちに応援するお父さん、お母さん。
自分の子どもだけではないのです。すべての子どもに声援を送って、応援しています。誰に言われる訳ではありません。自然と、その雰囲気になっています。

当日までのいろいろな準備、当日のプログラムの準備。後片付け。全て、みんなで自分のできるところに関わります。

自分たちで作り上げるからこそ、楽しさ、終わった後の充実感は格別なのだと思います。
f0121278_239239.jpg

f0121278_2395387.jpg
by pc1kodomosono | 2012-10-01 23:10 | お母さんたち